恋愛映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の基本情報

作品名『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
英題My tomorrow,Your yesterday
原作小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
著者七月隆文
出版社宝島社
映画監督三木孝浩
脚本吉田智子
音楽松谷卓
撮影松谷卓
主題歌「ハッピーエンド」back number
配給東宝
製作国日本
タイプ邦画
上映時間111分
公開日(日本)2016/12/17

 

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト
南山高寿福士蒼汰
寿愛美小松菜奈
寿愛美(幼少期)川北のん
寿愛美(中学生時代)清原果耶
上山正一東出昌大
山田裕貴
南山たかもり大鷹明良
南山えいこ宮崎美子

 

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のあらすじ

京都の美大に通う南山高寿は、通学電車で運命的に出会った福寿愛美に一目惚れする。

初対面で勇気を出して声をかけ、再会を願う高寿。

しかし、彼女の意外な反応は、突然の涙となって現れたのだった。

その涙の背後には想像を絶する秘密が隠されていた。

 

二人は急速に親密になり、交際を始めるが、愛美が涙を流すたび、高寿は彼女の不思議な振る舞いに戸惑いつつも、深まるばかりの愛情を感じていく。

二人の関係は誰もが羨むほどに順調に見えたが、初めてのキスの日、高寿は愛美から衝撃の秘密を明かされる。

突如として彼らの運命は、思いもよらない方向へと進み始める。

 

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の予告編動画

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、時を超えた愛の力と、運命に立ち向かう若者たちの切なくも美しい物語を描いています。

 

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の感想

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、ただの恋愛映画という枠を超えた、時間と愛の深い絆を描いた作品です。

京都の美しい風景を背景に繰り広げられる南山高寿(福士蒼汰)と福寿愛美(小松菜奈)の切なくも美しい恋愛物語は、観る者の心を強く打ちます。

 

この物語の核心は、二人が出会う不思議な運命です。

愛美の時間が高寿の時間とは逆行しているという設定は、初めて聞くと少し理解しにくいかもしれません。

しかし、物語が進むにつれて、この特異な時間の流れが二人の関係性に与える影響の深さが明らかになります。

高寿が愛美に出会った時、高寿にとっては当然すべてが始まったばかりですが、彼女にとっては彼との関係の終わりを意味します。

この逆転した時間の流れは、彼らの関係を通常の恋愛とは一線を画すものにしています。

 

特に印象的なのは、二人が共に過ごす「今」の時間の価値を強調している点です。

高寿と愛美の日々は、愛美が高寿の記憶から消え去るまでの限られた時間であることを知っているからこそ、一瞬一瞬が非常に貴重です。

この切なさは、愛美が高寿に自身の秘密を明かすシーンや、二人が一緒にいられる最後の日に至るまで、観る者の心を深く打つものです。

 

福士蒼汰と小松菜奈の演技もこの映画の魅力を一層引き立てています。

二人の感情の起伏が非常に自然で、愛美の秘密を知った後の高寿の葛藤や愛美の切なさが痛いほど伝わってきます。

特にラストの愛美の視点から描かれるシーンは、彼女の内面の苦悩や愛の深さを感じさせ、深い感動を呼び起こします。

 

そこで、おすすめするのが再鑑賞することです。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を一度観た後、もう一度愛美の視点でこの物語を追体験することは、まったく異なる感動の旅になります。

初めてこの映画を観た時、あなたも南山高寿の目を通して不思議で切ない恋愛物語を見るはずです。

しかし、愛美の視点で物語を見ることは、最初の鑑賞とは比較にならないほど深い感動を呼び起こします。

 

初回の鑑賞で物語の真実が明らかになった後、改めて愛美の視点から物語を追うと、冒頭のシーンから彼女の言葉一つ一つ、行動、そして涙が持つ重みが心に深く響いてきます。

彼女の「また明日」という言葉や、高寿に対して見せる微笑みが、彼女が背負っている秘密とその心の重さを物語っているのです。

愛美が高寿との出会いをどれほど大切に思っているか、そして彼女が彼との別れを予め知っていたという事実が、観る者の心を切なくさせます。

 

特に、高寿が愛美に初めて会った日が、彼女にとっては彼との別れの日であると知った時の感情は、初回の鑑賞では完全には理解できなかった深い悲しみです。

物語の始まりである二人の出会いの日は、実はクライマックスなのですから。

この事実を知った上で映画を観ると、愛美の行動一つ一つに込められた愛と別れへの覚悟が、胸を締め付けます。

 

愛美の視点で物語を追うことで、彼女が高寿との日々をどれほど大切にし、彼をどれほど深く愛していたかがより鮮明になります。

彼女の笑顔の裏に隠された痛み、彼と過ごす時間の中で見せる小さな喜びが、愛美の愛の深さを物語っています。

 

また、愛美が高寿との思い出をどのように心に刻み込んでいくかを見ることは、愛に満ちた壮大な物語を再認識させてくれます。

彼女が彼との時間を心に刻みながら、未来へと歩みを進めていく姿は、愛の力を信じさせてくれる、非常に感動的な瞬間です。

 

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を愛美の視点で観ることは、ただの再鑑賞ではありません。

それは愛美の愛と犠牲、そして彼女の心の内側を深く理解する旅です。

この映画は、愛美の視点から観ることで、初めて観た時とは全く異なる、新たな感動と理解を与えてくれます。

 

そして、この映画は恋愛だけでなく、時間というもの、そして人生における選択とその結果についても考えさせられる作品です。

愛美と高寿の関係を通じて、どんなに厳しい現実が待っていたとしても、愛があれば共に歩んで忘れられない思い出にできること、そして、何よりその瞬間瞬間を大切に生きることの重要性を教えてくれます。

 

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、ただの恋愛映画ではなく、時間と愛に関する深い洞察を与えてくれる作品です。

何度観ても新しい発見がある、心に残る名作です。

 

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』はこんな人におすすめ

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、ただの恋愛映画とは一線を画す、時間を超えた愛の物語です。

愛美と高寿の切なくも美しい恋愛を描いたこの作品は、特に以下のような人におすすめします。

 

まず、深い感動を求めている方には、この映画が心に残る体験を与えてくれるでしょう。

物語の独特な構造は、一見の価値があり、愛の多様な側面を探求しています。

愛美の視点で物語を追体験することで、愛の深さや複雑さを新たな角度から感じ取ることができます。

 

また、原作ファンの方にも、この映画は見逃せません。

原作の魅力を損なうことなく、映像化に成功しており、登場人物たちの心情や細かな感情の変化が巧みに描かれています。

原作を読んだ後に映画を見ることで、物語の理解が深まり、異なる視点からの感動を得ることができます。

 

恋愛映画が好きだけど、新しい視点や斬新なストーリーを求めている方にも、この映画は新鮮な驚きを与えてくれます。

時間という概念を巧みに扱った物語は、恋愛映画の枠を超えた、新しい感動を与えてくれるはずです。

 

そして、何よりも、人生と愛の本質について深く考えたいという方に、この映画は大きな感動を与えてくれるでしょう。

愛美と高寿の時間を超えた愛の物語は、私たちに今を大切に生きること、愛する人との時間の価値を改めて考えさせてくれます。

 

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、心に残る深い感動を求めるすべての方に、時間を超えた愛の美しさとその切なさを伝えます。

一度観れば、きっと何度も観たくなる、そんな作品です。

 

【まとめ】泣ける映画が好きなら恋愛映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を観るのがおすすめ

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、時間を超えた愛の物語を描いた、心温まると同時に深い感動を呼ぶ作品です。

愛美と高寿の切なくも美しい恋愛物語は、初見の方はもちろん、原作を愛する人や、泣ける恋愛映画を探している人にも強くおすすめできます。

 

この映画は、ただの恋愛映画とは一線を画す独特な時間の構造を用いて、愛の深さや複雑さを巧みに描き出しています。

愛美の視点で物語を追体験することで、愛の多様な側面を新たな角度から感じ取ることができるでしょう。

また、原作ファンの方には、映像化により登場人物たちの心情や細かな感情の変化が、よりリアルに、より感動的に伝わってくるはずです。

 

恋愛映画が好きで泣ける映画を探している人にとって、この映画は新鮮な驚きと共に、時間を超えた愛の美しさとその切なさを伝えます。

さらに、人生と愛の本質について深く考えさせられる作品であり、今を大切に生きること、愛する人との時間の価値を改めて考えさせてくれます。

 

一度観たら、その美しさと切なさに魅了され、何度も観たくなること間違いなしの『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』。

心に残る深い感動を求めるすべての人に、この時間を超えた愛の物語を観て、共感し、感動してほしいです。

泣ける映画が好きな人には、特におすすめの作品です。

恋愛映画『エターナル・サンシャイン』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『エターナル・サンシャイン』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『エターナル・サンシャイン』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『エターナル・サンシャイン』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『エターナル・サンシャイン』の基本情報

作品名『エターナル・サンシャイン』
原題Eternal Sunshine of the Spotless Mind
映画監督ミシェル・ゴンドリー
脚本チャーリー・カウフマン
音楽ジョン・ブライオン
撮影エレン・クラス
配給ギャガ
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間107分
公開日(日本)2005/3/19

 

映画『エターナル・サンシャイン』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ジョエル・バリッシュジム・キャリー松本保典
クレメンタイン・クルシェンスキーケイト・ウィンスレット林真里花
パトリックイライジャ・ウッド浪川大輔
メアリーキルスティン・ダンスト中村千絵
スタンマーク・ラファロ川島得愛
ハワード・ミュージワック博士トム・ウィルキンソン野島昭生
ロブデヴィッド・クロス-

 

映画『エターナル・サンシャイン』のあらすじ

『エターナル・サンシャイン』は、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレットの主演による、恋人たちの切ない物語です。

平凡な男ジョエル(ジム・キャリー)と個性的なクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)は、バレンタインデー直前に別れを経験します。

しかし、ジョエルは仲直りを望む中、クレメンタインは彼の記憶を消去したという衝撃の事実を知ります。

彼女が選んだのは、記憶を消す手術。

愛の絶望を感じたジョエルもまた、彼女の記憶を消す手術を決意します。

 

手術台に横たわりながら、ジョエルの心はクレメンタインとの思い出を彷徨います。

彼らの出会いから別れまで、喜びと悲しみが入り混じる感動的な回想が繰り広げられます。

しかし、ジョエルは途中で手術に抵抗し始めます。

記憶を失うことへの恐怖、そしてクレメンタインへの深い愛情が彼を苦しめます。

 

映画『エターナル・サンシャイン』の予告編動画

『エターナル・サンシャイン』は、愛と記憶、そして忘れることの葛藤を描いた作品です。

ジョエルとクレメンタインの関係は、まるで心に寄り添うような感動を与え、人間の記憶の脆さと愛の深さを同時に感じさせます。

彼らの心の旅は、観る者に深い感動を呼び起こすことでしょう。

 

映画『エターナル・サンシャイン』の感想

『エターナル・サンシャイン』は、恋人との切ない思い出を消去する過程を通して、愛の深さを描いた映画です。

ジム・キャリー演じるジョエルとケイト・ウィンスレット演じるクレメンタインの複雑な関係性が、心に深く刻まれました。

特に、二人が記憶の中で再会し、愛し合った日々を回想するシーンは、感情を揺さぶります。

 

この作品の魅力は、時間を逆行するような独特のストーリーテリングにあります。

記憶が消去される過程で、ジョエルの心情が見事に表現されているのです。

彼がクレメンタインとの幸せな思い出にすがりつきながら、それらが次々と崩れ去っていく様子は、見る者の心に深い印象を残します。

 

また、映画のビジュアル表現も印象的で、記憶の世界が現実と入り混じり、観客をドラマの中へと引き込んでいきます。

凍った湖の上で二人が寝転び、星空を眺めるシーンは、その美しさとともに、二人の切ない関係を象徴しているかのようです。

 

この映画は、ただのラブストーリーでは終わりません。

ジョエルとクレメンタインが互いの記憶を消し去ることを決意するのですが、消去過程での彼らの苦悩と葛藤が、観る者に深い思索を促します。

特に、ジョエルが手術中にクレメンタインとの記憶を守ろうとするシーンは、彼らの愛がいかに深いものであったかを示しています。

 

そして、最後に二人が再び出会い、過去の失敗を受け入れる決意をする場面は、愛の本質を深く掘り下げています。

記憶を失っても、心の奥底に残る強い絆が、彼らを再び結びつけるのです。

このシーンでは、「失敗を恐れずに愛する勇気」が伝わってきます。

 

『エターナル・サンシャイン』は、恋愛映画の枠を超え、人間の記憶と感情の複雑さを巧みに描き出した傑作です。

観る者それぞれに異なる感動を与えるこの映画は、何度でも見返したくなる魅力があります。

 

映画『エターナル・サンシャイン』はこんな人におすすめ

『エターナル・サンシャイン』は、心に残る恋愛を経験したことがある人、そしてそれを忘れられない人に特におすすめです。

この映画は、ただのロマンチックなストーリーでは終わりません。

深い愛と、それを取り巻く複雑な感情をリアルに描いています。

記憶というテーマを通して、人間の感情の深さを探ります。

 

また、恋愛映画が好きだけれど、いつもの甘い物語に飽きてしまった人にもぴったり。

この作品は恋愛の甘美さだけでなく、その痛みや葛藤も描いています。

非日常的な設定の中で、人間関係の普遍的な真実に触れることができます。

 

映画の独特な構成とビジュアルに興味がある人にもおすすめです。

記憶の中を巡るシーンは、視覚的にも非常に魅力的。

斬新な映像表現を楽しむことができます。

 

そして、過去の恋を振り返りながら、前に進む勇気を持ちたいと思っている人にも。

この映画は過去の記憶を大切にしつつ、それを乗り越えていく力を与えてくれるでしょう。

失恋から立ち直る過程を経験している人には、特に共感できる内容となっています。

 

つまり、『エターナル・サンシャイン』は、深い愛と葛藤を感じたい人、恋愛映画に新たな息吹を求めている人、そして心に残る恋の記憶と向き合いたい人に、心からおすすめできる作品です。

 

【まとめ】何度も観たくなる映画が好きなら『エターナル・サンシャイン』がおすすめ

『エターナル・サンシャイン』は、ただの恋愛映画という枠を超えた、深い感動と心の動きを呼び起こす作品です。

愛と記憶の複雑な関係を巧みに描いたこの映画は、何度観ても新しい発見がある、そんな魅力に満ちています。

 

映画の中で主人公ジョエルとクレメンタインの関係は、時に甘く、時に苦く描かれます。

彼らの感情の起伏は、観る者に深い共感を呼び起こし、自身の過去の恋愛を思い出させるかもしれません。

特に、記憶消去という独特の設定は過去の苦い記憶との向き合い方を考えさせられる、非常に印象深いテーマです。

 

この映画の魅力は複雑な時系列や、心理的な描写が緻密に織り交ぜられている点にあります。

初めて観たときには見逃してしまう細かな伏線や心情の変化が、もう一度観ることで新たな理解を深めることができるのです。

また、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレットの繊細な演技は、彼らのキャラクターに深みを与え、観る者を物語の中に引き込みます。

 

この映画のビジュアル表現も素晴らしいです。

記憶の中を漂うシーンは、非現実的ながらも美しく、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

この映像美は、映画のロマンチックで切ないトーンを強調し、見る者の心に深く残ります。

 

結論として、『エターナル・サンシャイン』は、深い感動を求める人、何度も観て感情を豊かにしたい人、そして恋愛映画に新しい視点を求める人に、ぜひおすすめしたい映画です。

心の琴線に触れるストーリーと、視覚的な美しさが絶妙に絡み合うこの作品は、何度観てもその魅力に気付くことができるでしょう。

恋愛映画『あと1センチの恋』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『あと1センチの恋』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『あと1センチの恋』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『あと1センチの恋』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『あと1センチの恋』の基本情報

作品名『あと1センチの恋』
原題Love, Rosie
映画監督クリスチャン・ディッター
脚本ジュリエット・トウィディ
原作小説『愛は虹の向こうに』
著者セシリア・アハーン
翻訳者阿部尚美
出版社小学館文庫
音楽ラルフ・ヴェンゲンマイアー
撮影クリスティアン・ライン
配給ファントム・フィルム
製作国イギリス、ドイツ
タイプ洋画
上映時間104分
公開日(日本)2014/12/13

 

映画『あと1センチの恋』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ロージー・ダンリリー・コリンズ藤村歩
アレックス・スチュワートサム・クラフリン高橋英則
グレッグクリスチャン・クック時永洋
ルビージェイミー・ウィンストン渡辺明乃
ベサニースキ・ウォーターハウスLynn
サリータムシン・エガートン加藤美佐
フィルジェイミー・ビーミッシュ羽野大志郎

 

映画『あと1センチの恋』のあらすじ

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は、幼い頃からの親友であり、人生の大部分を共に過ごしてきました。

2人は青春を共有し、夢を語り合う友達以上恋人未満の特別な関係を築いていました。

彼らの夢は、イギリスの小さな田舎町を離れ、ボストンの大学で新たな人生を始めること。

 

しかし、卒業パーティの夜、ロージーの人生は思わぬ方向に進んでしまいます。

クラスで人気の男の子との一夜の過ちが、妊娠という予期せぬ結果を招くのです。

 

この出来事がきっかけで、ロージーはアレックスとの約束を果たすことができず、地元に留まることを選択します。

一方、アレックスは夢に向かってボストンの大学へと旅立ちます。

12年間にわたり、ロージーとアレックスは互いの気持ちを言葉にすることなく、運命のいたずらに翻弄されながらも、近づいては離れていく切ない関係を続けます。

 

遠く離れた2人は、記憶のすれ違い、誤解、恋のライバル、読まれずにいたラブレターなど、さまざまな試練に直面します。

それぞれが新しい人生を歩み始める中で、彼らは運命がもたらすさまざまな変化に直面し、お互いの存在の大切さを再確認していくのです。

 

映画『あと1センチの恋』の予告編動画

「あと1センチの恋」は、2人のキャラクターが経験する甘く切ない恋愛と、人生の複雑な道のりを描いた感動の物語です。

友情と愛情が交錯する中で、運命のいたずらに翻弄されながらも、最後には真実の愛を見つけることができるのでしょうか。

このドラマティックな物語は、観る者の心を掴んで離しません。

 

映画『あと1センチの恋』の感想

映画『あと1センチの恋』は、私たちの日常に潜む「もしも」を描いた、切なくも心温まる物語です。

幼なじみであるロージーとアレックスの関係は、友達以上恋人未満という、誰もが一度は経験するかもしれない微妙な距離感を巧みに表現しています。

二人の間に流れる、言葉にならない深い絆と、ほんのわずかな勇気が足りないがために起こるすれ違いが、見る者の心を揺さぶります。

 

特に印象的だったのは、空港でのシーン。

一歩踏み出せばすべてが変わるかもしれない、その瞬間の二人の表情は、見ている私たちにもその重さが伝わってきます。

また、ロージーの家族や友人との関係も、彼女の人生の重要な一部として巧みに描かれていて、単なる恋愛映画を超えた深みを感じさせます。

 

この映画の魅力は、何と言ってもリアルな人間模様です。

ロージーとアレックスの選択は、時に理不尽で、時に甘く、そして時には痛切です。

彼らが歩む道のりは、まさに人生そのもの。

美しいが故に、不器用な二人の恋愛模様は、私たち自身の未練や後悔、そして希望を映し出しています。

 

特にロージーの成長は、この映画の核となっています。

彼女が経験するさまざまな試練は、見る者にとっても、自分自身を見つめ直すきっかけとなるでしょう。

そして最後に、彼女が取る決断は、私たちに大切なことを教えてくれます。

それは、「今」を大切にし、本当に大切な人との関係を大切にすることの重要性です。

 

映画『あと1センチの恋』は、単なる恋愛映画ではありません。

それは人生の中での選択、愛と友情、家族との絆、そして自分自身との向き合い方について、深く考えさせられる作品です。

ロージーとアレックスの物語を通じて、私たちは自分自身の人生を見つめ直し、一歩踏み出す勇気をもらえるのです。

 

映画『あと1センチの恋』はこんな人におすすめ

映画『あと1センチの恋』は、心に秘めた恋心を抱えている人、そして「もしも」の瞬間に胸をときめかせたい人に特におすすめの作品です。

この映画は、青春時代の甘酸っぱさや初恋の切なさを味わいたい人にもぴったり。

特に幼なじみや長年の友人との微妙な関係性に悩んだ経験のある人は、ロージーとアレックスのすれ違いに深く共感できることでしょう。

 

また、人生の選択に迷いや不安を抱えている人にとっても、この映画は勇気やヒントを与えてくれます。

映画の中で二人が直面する試練は、私たち自身の日常にも通じるもの。

苦しい時、選択に迫られた時、自分の心に正直になることの大切さを教えてくれます。

 

恋愛映画が好きな人、また人生の甘く切ない瞬間を楽しむのが好きな人にもおすすめです。

リアルな感情の動きと、ほろ苦い人生の選択が織りなす物語は、きっと心に残るでしょう。

そして、誰もが経験するかもしれない「あと1センチ」の距離感に、心を動かされるに違いありません。

 

【まとめ】キュンキュンしたいなら恋愛映画『あと1センチの恋』を観るのがおすすめ

恋愛映画『あと1センチの恋』は、胸がキュンキュンする瞬間を味わいたい人に特におすすめです。

幼なじみであるロージーとアレックスの、すれ違いながらも深く結びついた関係は、見る人の心に強く響くこと間違いなし。

この映画はただの恋愛映画ではなく、人生の複雑な選択や、失敗と成功、喜びと悲しみが交錯するリアルなドラマを描いています。

 

物語は、お互いの本当の気持ちを言葉にできずに時が流れてしまう二人の姿を通じて、時には切なく、時には甘酸っぱい青春の一コマを映し出します。

特に、二人が空港で再会するシーンや、最後にようやく距離が縮まるラストシーンは、観る人の心を強く揺さぶります。

 

この映画は、恋愛のもどかしさや、言葉にできない想いの重さを感じたい人、または恋愛映画の定番の展開を楽しみたい人にぴったり。

恋愛におけるタイミングの大切さや、素直な気持ちの大切さを改めて感じさせてくれる作品です。

また、幼なじみとの甘酸っぱい関係に憧れる人や、人生の選択に迷っている人にも、この映画は新たな気づきや勇気を与えてくれるでしょう。

 

『あと1センチの恋』は、恋愛の甘美さと複雑さを描いた、観る人の心に響く恋愛映画です。

キュンキュンしたい、恋の切なさを感じたい、そんな人には間違いなくおすすめの一作です。

恋愛映画『プラダを着た悪魔』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『プラダを着た悪魔』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『プラダを着た悪魔』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『プラダを着た悪魔』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『プラダを着た悪魔』の基本情報

作品名『プラダを着た悪魔』
原題The Devil Wears Prada
映画監督デヴィッド・フランケル
脚本アライン・ブロッシュ・マッケンナ
原作小説プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)
著者ローレン・ワイズバーガー
翻訳者佐竹史子
出版社早川書房
音楽セオドア・シャピロ
撮影フロリアン・バルハウス
劇中歌「Suddenly I See」KTタンストール、「Jump」「Vogue」マドンナ
配給20世紀フォックス
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間110分
公開日(日本)2006/11/18

 

映画『プラダを着た悪魔』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ミランダ・プリーストリーメリル・ストリープ宮寺智子
アンドレア・サックスアン・ハサウェイ小松由佳
エミリー・チャールトンエミリー・ブラントよのひかり
ナイジェルスタンリー・トゥッチ小形満
ネイトエイドリアン・グレニアー永井誠
クリスチャン・トンプソンサイモン・ベイカー真殿光昭
リリートレイシー・トムズ清水千恵
ダグリッチ・ソマー大久保利洋
ジェームズ・ホルトダニエル・サンジャタ-
キャロライン・プリーストリーコリーン・デンジェル-
キャシディ・プリーストリースザンヌ・デンジェル-
リチャード・サックスデヴィッド・マーシャル・グラント石波義人
アーヴ・ラヴィッツティボー・フェルドマン-
ジョスリンレベッカ・メイダー-
ジャクリーヌ・フォレステファニー・ショスタク-

 

映画『プラダを着た悪魔』のあらすじ

アンドレア・サックス(アンディ)は、ジャーナリストの夢を追い求めて田舎からニューヨークへとやってきた名門大学卒の若い女性です。

彼女のキャリアは、意外な方向へと進みます。

何百万もの女性が憧れる、一流ファッション雑誌『ランウェイ』での仕事を手に入れたのです。

彼女が任されたのは、ファッション業界で絶大な影響力を持つカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントという、一見華やかながらも実際は過酷な役割でした。

 

ファッションには無関心なアンディは、ミランダの厳しい要求と無理難題に直面します。

自らのセンスや私生活が振り回され、混乱の中で自問自答を繰り返します。

「これで本当にいいのだろうか?私の本当の目指す場所はどこなのだろうか?」

そう考えながらも、彼女はプロフェッショナルとして成長し、徐々にミランダからの信頼を勝ち取っていきます。

 

映画『プラダを着た悪魔』の予告編動画

このゴージャスでユーモラスなサクセスストーリーは、恋愛や仕事に奮闘するすべての人へ贈られる作品です。

アン・ハサウェイとメリル・ストリープの共演により、業界のカリスマ編集長と若きアシスタントの関係が見事に描かれています。

彼女の挑戦と成長の物語は、見る者に勇気と感動を与えることでしょう。

 

映画『プラダを着た悪魔』の感想

『プラダを着た悪魔』は、ただのファッション映画という枠を超え、働くすべての人にとって、何が「成功」と呼べるのかを問いかける作品です。

ニューヨークの華やかなファッション業界を舞台に、アンディ(アン・ハサウェイ)が経験する成長と葛藤は、私たちの日常にも深く共鳴します。

 

映画は、アンディが「普通の女性」として描かれることから始まります。

彼女は自分自身を真剣に見つめ、やがて自らの価値観と向き合うことになります。

彼女の変化の過程は、観る者にも「自分は何を大切に生きていくべきか」という問いを投げかけます。

 

特に印象的なのは、アンディがファッションに目覚め、周囲からの評価が変わる場面。

彼女の変化は外見だけでなく、内面にも及びます。

しかし、その成功の裏で、彼女は何を失っていくのでしょうか。

映画は、仕事と私生活のバランス、自己のアイデンティティーを見つめ直すことの重要性を伝えています。

 

メリル・ストリープ演じるミランダは、一見、冷酷なキャリアウーマンとして描かれますが、彼女の内面には、仕事への深い情熱と孤独が潜んでいます。

彼女がメイクを落とした素顔を見せるシーンは、強い女性の背後にある脆さを感じさせ、非常に印象深いです。

 

アンディが最終的に取った選択は、自分自身にとって何が最も大切なのかを再認識するきっかけとなります。

彼女は外見上は「普通の女性」に戻るかもしれませんが、内面的には大きく成長し、新たな人生の一歩を踏み出しています。

 

『プラダを着た悪魔』は、仕事というものの本質、仕事に対する姿勢、そして私たちの生き方を見つめ直す機会を与えてくれる作品です。

働くすべての人にとって、何が「成功」と呼べるのかを問いかけ、時には立ち止まり、自分自身を見つめ直すことの大切さを教えてくれます。

この映画は、ただのエンターテインメントではなく、私たちの日常に深く根ざしたメッセージを持った作品と言えるでしょう。

 

映画『プラダを着た悪魔』はこんな人におすすめ

『プラダを着た悪魔』は、特に働く女性におすすめしたい作品です。

ファッション業界という華やかな舞台の裏で繰り広げられる、アンディの成長と葛藤は、仕事に情熱を注ぐすべての人に共感を呼びます。

彼女の奮闘は、私たち自身の仕事への姿勢を見つめ直す機会を与えてくれるでしょう。

 

この映画は、キャリアを積む中で「自分は何を大切にしたいのか」を考えている人に特に響くはずです。

また、ファッションに興味がある人にとっては、映画の中で披露される豪華な衣装やスタイリングが目の保養になること間違いなしです。

 

仕事とプライベートのバランスに悩む人、夢に向かって進むことの複雑さを感じている人にも、アンディの旅路は大きな勇気とヒントを与えるはずです。

また、仕事における人間関係や職場での立ち回り方に苦労している人にとっても、アンディや彼女の周りの人々の振る舞いは、多くの示唆を与えてくれます。

 

『プラダを着た悪魔』は、見た目の美しさだけでなく、内面的な成長や自己実現の旅を描いた心に響く物語です。

ファッションやキャリア、人間関係に興味を持つ働く女性に、この映画を心からおすすめします。

 

【まとめ】仕事も恋愛も頑張りたいなら映画『プラダを着た悪魔』を観るのがおすすめ

仕事と恋愛、どちらも大切にしたいと願うあなたに、映画『プラダを着た悪魔』は特におすすめです。

この映画は、仕事に情熱を注ぎながらも、自分の人生のバランスを見つめ直すアンディの姿を通じて、現代女性のリアルな葛藤を鮮やかに描き出しています。

 

主人公のアンディは、ファッション業界のカリスマ編集長ミランダの下で働きながら、自己成長を遂げます。

その過程で仕事の重要性と共に、恋愛や友情の大切さも再発見する彼女の物語は、多くの働く女性たちの心に共感を呼びます。

また、ミランダのキャリアに対する真剣な姿勢は、仕事への情熱を持つ人にとって大きな刺激となることでしょう。

 

ファッション業界の華やかさと厳しさの両面を描いた『プラダを着た悪魔』は、ただのエンターテイメントでは終わりません。

アンディの成長物語は、自分自身のキャリアや人間関係について考えさせられる深いメッセージを含んでいます。

 

この映画を観れば、仕事と恋愛の両立、そして自分自身の幸せを模索するヒントが見つかるかもしれません。

自分の人生において何を大切にしたいのか、どのように生きたいのか、その答えを探している人には、この心温まる物語をぜひ観ることをおすすめします。

『プラダを着た悪魔』は、頑張るあなたを応援する、まさに心に残る作品です。

恋愛映画『シザーハンズ』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『シザーハンズ』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『シザーハンズ』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『シザーハンズ』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『シザーハンズ』の基本情報

作品名『シザーハンズ』
原題Edward Scissorhands
映画監督ティム・バートン
脚本キャロライン・トンプソン
音楽ダニー・エルフマン
撮影ステファン・チャプスキー
配給20世紀フォックス
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間105分
公開日(日本)1991/7/13

 

映画『シザーハンズ』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
エドワード・シザーハンズジョニー・デップ塩沢兼人
キムウィノナ・ライダー玉川砂記子
キムおばあちゃんウィノナ・ライダー瀬能礼子
ペグダイアン・ウィースト鈴木弘子
ジムアンソニー・マイケル・ホール堀内賢雄
ジョイスキャシー・ベイカー吉田理保子
ビルアラン・アーキン嶋俊介
ケヴィンロバート・オリヴェリ合野琢真
発明家ヴィンセント・プライス大木民夫
ヘレンコンチャータ・フェレル片岡富枝
ジョージビフ・イェーガー星野充昭
マージキャロライン・アーロン山田栄子
アレン巡査ディック・アンソニー・ウィリアムズ池田勝
エスメラルダオーラン・ジョーンズさとうあい
ティンカスーザン・ブロンマート秋元千賀子
テレビ司会者ジョン・デヴィッドソン江原正士
隠居老人スチュアート・ランカスター掛川裕彦
ダフィールドアラン・ファッジ掛川裕彦
心理学者アーロン・ラスティグ江原正士
孫娘ジーナ・ギャラガー渡辺菜生子

 

映画『シザーハンズ』のあらすじ

ティム・バートン監督の『シザーハンズ』は、人造人間エドワードの物語を描いたファンタジー作品です。

エドワードは、丘の上の屋敷に住む老発明家によって創られた人造人間で、彼の手はハサミになっています。

発明家の急死により、エドワードは未完成のまま孤独に過ごしていました。

 

ある日、化粧品セールスのペグに発見されたエドワードは、彼女に連れられて町へと下りてきます。

そこで彼はペグの娘、キムと出会い、彼女に心を惹かれていきます。

エドワードの独特なハサミの手は、植木のカットやヘアスタイルの斬新な変化をもたらし、地域の人気者となります。

 

しかし、エドワードの異質な存在はやがてトラブルを引き起こし、彼の周りの人々との関係は複雑になっていきます。

エドワードは自分の感情や身の回りで起こる出来事に翻弄され、彼とキムの間に生まれた微妙な関係も試されることになります。

 

ティム・バートン特有の幻想的で哀愁を帯びた世界観が展開される中で、エドワードは自身の存在と周囲との関わり方に苦悩します。

 

映画『シザーハンズ』の予告編動画

『シザーハンズ』は、外見とは異なる内面の美しさ、そして人間の愛と受容について深く考えさせられる作品です。

エドワードの物語は、彼が感じる孤独や愛情、そして人間世界での彼の役割を見事に描き出しています。

 

映画『シザーハンズ』の感想

『シザーハンズ』は、ティム・バートン監督の独創的な世界観が生み出した、切なくも美しいファンタジーの逸品です。

この作品は、社会の縁に生きる人造人間エドワード(ジョニー・デップ)と彼を取り巻く人々の物語を描いています。

 

エドワードの生き様は、私たちが抱える疎外感や孤独を象徴しています。

彼の手がハサミであるという特異性は、私たち自身が持つ、言葉や行動によって他者を傷つける可能性を表しています。

彼の存在は、人間の内なる葛藤と美しさを鮮やかに映し出していると感じました。

 

映画の中で際立って印象的だったのは、エドワードが雪の中でキム(ウィノナ・ライダー)と共有する瞬間です。

エドワードが作り出す氷の彫刻から降り注ぐ雪が、キムを包み込むシーンは、彼の内なる美しさと純粋さを象徴しています。

彼の孤独と彼女への深い愛情が、このシーンによって強調されていました。

 

また、エドワードの周囲の人々の反応は、私たちの社会が異質なものにどのように反応するかを示しています。

初めは彼の持つ特異性に興味を持ち受け入れ、その後、彼を恐れ排除しようとする街の人々の態度は、私たち自身の偏見や恐れを映し出しているように思えました。

この映画は、外見や第一印象ではなく、人間としての本質に焦点を当てることの大切さを教えてくれます。

 

『シザーハンズ』は、ただの恋愛映画ではなく、人間の内面と社会の在り方について深く考えさせられる作品です。

エドワードの切ない恋と彼の純粋な心が、観る者の心に強い印象を残します。

エドワードが紡ぎ出す雪のように、この映画は私たちの心に静かに降り積もるでしょう。

 

映画『シザーハンズ』はこんな人におすすめ

『シザーハンズ』は、ティム・バートンの独特な世界観を楽しめる人におすすめの映画です。

この映画は、一風変わったキャラクターやカラフルでファンタジックなビジュアルが好きな人にぴったり。

ジョニー・デップとウィノナ・ライダーが織りなす切ないロマンスは、純粋で深い愛の物語を求める人に強く響くはずです。

 

特におすすめのなのが、現代社会の中で生きにくさを感じている人です。

この作品は、異端であることの孤独や、社会の中で自分の場所を見つけることの難しさを繊細に描いています。

もしあなたが、周囲とのコミュニケーションに苦手意識を持っているなら、主人公エドワードの純粋さと彼が直面する困難から、深い共感を得られるはずです。

 

また、自分は普通ではないと感じている人にとって、エドワードの物語は心に強く響くものになるでしょう。

彼の独特な存在感や、周囲からの誤解に苦しむ姿は、異質であることの辛さを痛烈に表現しています。

 

この映画は、単なるファンタジー作品を超え、自己受容と自己表現の重要性を教えてくれます。

エドワードのように、自分自身を受け入れ、他者との関わり合いの中で自分を表現する勇気を持つことの大切さを、視聴者に伝えてくれるのです。

 

さらに、映像美を重視する映画ファンにとっても、『シザーハンズ』は必見。

バートンのゴシックかつファンタジー溢れるビジュアルは、彼の世界への没入感を高め、映画体験を特別なものにしてくれます。

 

この映画は、人間関係や社会のあり方について考えたいと思う人、または純粋な恋愛物語に心を動かされる人にとって、まさに心に残る作品です。

『シザーハンズ』は、ただのファンタジー映画ではなく、人間の内面と社会の相互関係を深く掘り下げた芸術作品と言えるでしょう。

 

【まとめ】切ないファンタジー恋愛映画が好きなら『シザーハンズ』を観るのがおすすめ

ティム・バートン監督の傑作『シザーハンズ』は、ファンタジーと恋愛を融合させた、心温まると同時に切ない物語です。

主人公エドワードは、その特異な外見と純粋な心で、観る者の心に深い印象を残します。

彼の手がハサミであることによる悲劇と、無垢な愛情の表現は、ファンタジー恋愛映画が好きな人には特におすすめです。

 

映画の中で描かれる、エドワードとキムの間の純粋で切ない愛情は、愛とは何か、人間としての完全さとは何かを問いかけます。

彼らの愛の物語は、観る者に深い感動を与え、自分自身の内面に目を向けるきっかけを与えてくれるでしょう。

 

また、『シザーハンズ』は社会の中での異質な存在に対する扱いや、個々人のアイデンティティと社会との関わりについても深く掘り下げています。

エドワードの孤独と彼を取り巻く社会の反応は、多くの人々が抱える疎外感や居場所を見つけることの難しさを象徴しています。

 

この映画は、美しいビジュアルと感動的な音楽、そしてジョニー・デップとウィノナ・ライダーの魅力的な演技で、観る者を魅了します。

切ないファンタジー恋愛映画を求めている人には、『シザーハンズ』は間違いなく心に残る作品となるでしょう。

その独特な世界観と深い感情表現を体験することで、あなた自身の感情や人生について考える新たな視点を得ることができるはずです。

恋愛映画『世界一キライなあなたに』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『世界一キライなあなたに』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『世界一キライなあなたに』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『世界一キライなあなたに』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『世界一キライなあなたに』の基本情報

作品名『世界一キライなあなたに』
原題Me Before You
映画監督テア・シャーロック
脚本ジョジョ・モイーズ
原作小説『ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日』ジョジョ・モイーズ
出版社集英社
音楽クレイグ・アームストロング
撮影レミ・アデファラシン
劇中歌「Thinking Out Loud」「Photograph」エド・シーラン
配給ワーナー・ブラザース
製作国アメリカ、イギリス
タイプ洋画
上映時間110分
公開日(日本)2016/10/1

 

映画『世界一キライなあなたに』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ルイーザ(ルー)・クラークエミリア・クラーク清水理沙
ウィル・トレイナーサム・クラフリン綱島郷太郎
カミーラ・トレイナージャネット・マクティア塩田朋子
スティーブン・トレイナーチャールズ・ダンス金尾哲夫
ネイサンスティーブン・ピーコック山口太郎
パトリックマシュー・ルイス-
カトリーナ(トリーナ)・クラークジェナ・コールマン-
ジョージー・クラークサマンサ・スパイロ-
アリシアヴァネッサ・カービー-

 

映画『世界一キライなあなたに』のあらすじ

イギリスののどかな田舎町で暮らすルイーザ・クラークは、26歳の普通の女性。

彼女の日常は、カフェで働くことと、家族との穏やかな時を過ごすことで満たされていました。

しかし、突然のカフェ閉店により、ルイーザの人生は一変します。

彼女が次に手にしたのは、車椅子に縛られた若き元実業家、ウィル・トレイナーの介護兼話し相手の仕事でした。

 

ウィルの人生は、バイク事故により根底から覆されていました。

かつての活気ある日々は影を潜め、今や彼は城のような家で孤独に生きる日々を送っています。

ルイーザはそんなウィルとの関係に苦悩しながらも、彼の閉ざされた心に光を灯そうと奮闘します。

ウィルも徐々にルイーザの不器用ながらも真摯な努力に心を開き始めるのですが、ルイーザはやがて、ウィルが抱える重い秘密を知ることになります。

 

この物語は、2人の出会いと成長、そして互いに対する深い理解と愛情を描きます。

ルイーザの明るさとウィルの影に隠された感情、2人が共に過ごす時間が紡ぎ出す絆は、彼らの人生に新たな意味をもたらしていきます。

しかし、ルイーザが知るウィルの決断は、彼女の心に大きな衝撃を与えます。

それは2人の関係にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

 

映画『世界一キライなあなたに』の予告編動画

『世界一キライなあなたに』は、命の尊さと愛の深さを描いた感動の物語です。

 

映画『世界一キライなあなたに』の感想

『世界一キライなあなたに』は、深い愛と複雑な感情が交錯する、心を揺さぶる作品でした。

主人公のルーは、エミリア・クラークが演じる、日常の小さな喜びを見つける天真爛漫な女性です。

彼女の人生は、ウィル・トレイナーという四肢麻痺の青年との出会いによって、大きく変わります。

サム・クラフリンが演じるウィルは、かつての自由な生活を失ったことで、生きる希望を見失っていました。

しかし、ルーの明るさがウィルの心を徐々に溶かしていきます。

 

この映画が描くのは、ただの恋愛物語ではありません。

それは、生きること、愛すること、そして最も重要な決断を下すことについての物語です。

ウィルが取る究極の決断には、観る者の心に強く訴えかけるものがあります。

彼の選択は、自分の人生に対する深い思索と、愛する人への深い配慮から来るものでした。

それは、単なるワガママでも、自己中心的な決断でもないことが、この映画を通じて伝わってきます。

 

映画の中で特に心に残ったシーンは、ウィルの元カノの結婚式でのルーとウィルのダンスシーンです。

そこには、言葉にはできないほどの愛情と理解があり、二人の間の深い絆を感じさせます。

また、ウィルがルーに贈ったしましまのタイツのシーンは、彼のルーへの深い愛と理解を象徴しています。

ウィルは、ルーが自分の道を歩むことを望んでおり、彼女に自由を与えたかったのです。

 

この映画は、愛する人を失いたくないという気持ちと、受け入れがたい現実との間で揺れ動く複雑な感情を巧みに描き出しています。

ウィルの決断に対するルーの反応は、愛する人の意思を尊重することの重さと、それを受け入れることの苦しみを表しています。

ウィルの最終的な選択は、個人の尊厳と自己決定の大切さを教えてくれます。

 

『世界一キライなあなたに』は、ただの恋愛映画ではなく、人生の意味について深く考えさせられる作品です。

それは、時に涙を誘い、時に心を温かくする、感動的な物語でした。

 

映画『世界一キライなあなたに』はこんな人におすすめ

『世界一キライなあなたに』は、深い愛情の物語を求める人にぜひおすすめしたい映画です。

心を打つストーリーを通じて、生きる意味や愛の深さを再発見したいと思っている人にとっては、胸を打つものがあるはずです。

恋愛映画の枠を超え、人生の選択と尊厳について考えさせられるため、深い思考を好む人にもぴったりです。

 

また、現実の厳しさとロマンスの甘美さをバランス良く描かれているため、リアリティを重視する人にもおすすめします。

エミリア・クラークとサム・クラフリンの繊細な演技に引き込まれること間違いなしです。

彼らの表現する複雑な感情は、鑑賞後に考えさせられるものがあるでしょう。

ラストは賛否両論ありますが、尊厳死について考えるきっかけを与えてくれる切なく温かい物語です。

 

この映画は、ただの恋愛ドラマを超えて、人生の大切な教訓を教えてくれます。

愛情深いストーリーに心動かされたい人、人生と愛について深く考えたい人に、この映画を心からおすすめします。

涙を誘うシーンも多いので、感動的な物語に没頭したいときに最適です。

 

【まとめ】尊厳死について考えさせられる映画『世界一キライなあなたに』を観るのがおすすめ

『世界一キライなあなたに』は、尊厳死という重いテーマを扱いながらも、愛と人生の美しさを描き出す映画です。

この作品の鑑賞後は、愛する人との関係、人生の価値、そして個人の選択について深く考えさせられます。

映画の中で展開されるルイーザとウィルの関係は、観る者に深い感動と共感を与え、愛の本質を問いかけるからです。

 

『世界一キライなあなたに』は、ただの恋愛映画ではなく、生きる意味や人間の尊厳について深く掘り下げることで、観る者に強い印象を残します。

エミリア・クラークとサム・クラフリンの魅力的な演技は、物語のリアリティを一層高めています。

また、感動的で涙を誘うシーンも多く、心を打つストーリーテリングが魅力です。

 

尊厳死に対する様々な視点を提示するこの映画は、考えるきっかけを与え、観る者に個人の選択の大切さを教えてくれます。

生と死、愛と自由、そして個人の尊厳をめぐるストーリーは、多くの人にとって刺激的で価値あるものです。

 

心に残るシーン、深い感情の描写、そして生きる意味についての問いかけが、『世界一キライなあなたに』という映画に詰まっています。

この映画は深い感動と共に、人生について考える機会を与えてくれることでしょう。

尊厳死についての理解を深めたい人、感動的な物語に浸りたい人に、心からおすすめします。

 

恋愛映画『50回目のファースト・キス』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『50回目のファースト・キス』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『50回目のファースト・キス』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『50回目のファースト・キス』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『50回目のファースト・キス』の基本情報

作品名『50回目のファースト・キス』
原題50 First Dates
映画監督ピーター・シーガル
脚本ジョージ・ウィング
音楽テディ・カステルッチ
撮影ジャック・N・グリーン
劇中歌「Wouldn't It Be Nice」ビーチ・ボーイズ
配給SPE
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間99分
公開日(日本)2005/6/18

 

映画『50回目のファースト・キス』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ヘンリー・ロスアダム・サンドラー森川智之
ルーシー・ホイットモアドリュー・バリモア松本梨香
ウーラロブ・シュナイダー後藤哲夫
ダグ・ホイットモアショーン・アスティン高木渉
マーリン・ホイットモアブレイク・クラーク辻親八
アレクサルシア・ストラス雨蘭咲木子
Dr.キーツダン・エイクロイド佐々木梅治

 

映画『50回目のファースト・キス』のあらすじ

ハワイの水族館で獣医として働くヘンリーは、遊び人として後腐れのない恋を楽しむ日々を送っていました。

しかし、ある日、カフェで出会ったルーシーに心を奪われます。

彼女は、交通事故の後遺症で前日の記憶が一晩で消えてしまうという短期記憶喪失障害を抱えていました。

翌日、ヘンリーはルーシーに再び会いに行くものの、彼のことを覚えていないことに気付くのです。

 

ルーシーの父親と弟は、彼女がこの事実に気付かないよう、毎日を同じ日として過ごすように努めていました。

そんな中、ヘンリーは毎日彼女に再会し、愛を告白し続ける決心をします。

二人は毎日恋に落ち、毎日ファースト・キスを交わすことになります。

しかし、ルーシーは自分が愛する人の重荷になると考え、二人の関係に終止符を打とうとします。

 

ヘンリーはこの困難な状況を乗り越えるため、ルーシーに二人の思い出が詰まったビデオを毎朝見せることで、彼女の人生を取り戻す努力を始めます。

しかし、その過程で自身の夢を諦めかけるヘンリー。

ルーシーは彼の犠牲を知り、彼のために去る決意を固めます。

 

映画『50回目のファースト・キス』の予告編動画

 

映画『50回目のファースト・キス』の感想

『50回目のファースト・キス』は、一見すると軽快なラブコメディのように見えますが、その核には深く、心温まるメッセージが秘められています。

交通事故による記憶障害を抱えるルーシーと、彼女に一目惚れした獣医のヘンリーの物語。

この映画は、恋愛だけでなく、家族の愛、友情、そして人生の中での小さな奇跡に焦点を当てています。

 

心に残るシーンは数えきれないほどですが、特に印象的だったのは、ルーシーが毎朝目覚めると、その日の出来事をすべて忘れてしまうという状況。

そんな彼女に、ヘンリーは毎日新たなアプローチを試みます。

この繰り返しの中に、初恋のような新鮮さと、一途な愛の深さを感じました。

また、ルーシーの家族が彼女のために毎日同じ日を再現しようとする姿は、無償の愛の象徴のように感じられます。

 

映画の中で特に心を打つのは、ルーシーが自分の記憶障害に気づき、ヘンリーとの別れを選ぶ場面です。

この切なさと同時に、彼女がヘンリーに対して抱く深い愛情が伝わってきます。

そして、ヘンリーのルーシーに対する愛の深さも、彼が自分の夢を諦めてでも彼女を支えようとする姿勢から感じ取れます。

 

笑いと涙が交錯するこの映画は、ただのロマンティックコメディではありません。

それは、愛とは何か、幸せとは何かを問いかけ、観る者の心に深く刻まれる作品です。

ラストシーンは、特に心に残ります。

ルーシーが船上で目覚める場面は、彼女の人生がいかに特別なものであるかを象徴しています。

そして、ハワイの美しい景色、心地よい音楽が物語をさらに彩ります。

 

この映画は、記憶を失っても、愛は人の心に深く刻まれること、そして人生は、いかなる状況でも幸せを見つけることができるというメッセージを伝えています。

『50回目のファースト・キス』は、ただのエンターテイメント作品ではなく、人生の美しさを描いた傑作です。

 

映画『50回目のファースト・キス』はこんな人におすすめ

『50回目のファースト・キス』は、心に新鮮な風を吹き込んでくれるような映画です。

そのため、日常の忙しさに追われ、久しく新しい刺激を感じていない方々に特におすすめします。

この映画は、記憶障害を抱えるヒロインと、彼女に一途な愛情を注ぐ主人公の物語を軽快なテンポで描きますが、その中に深い感動と人生の教訓が隠されています。

 

ロマンスを求める方にはもちろん、日々の生活にちょっとしたスパイスを加えたい方にもぴったりです。

また、家族や恋人との関係に新たな視点を持ちたいと思っている方にも、この映画は新たな気づきを与えてくれることでしょう。

心が温まるシーンの数々は、どんな人の心にも優しい光を灯します。

 

コメディー要素が強いので、笑いながらも心温まるストーリーを楽しみたい方にも最適。

また、切なさや愛の深さを感じたい方にも、この映画は深い共感を呼ぶはずです。

ハワイの美しい景色と心地よい音楽は、見る人を映画の世界へと優しく誘い込みます。

『50回目のファースト・キス』は、日常を忘れて心の奥深くにある純粋な感情を思い出させてくれる、そんな素敵な映画です。

 

【まとめ】キュンキュンしたいなら恋愛映画『50回目のファースト・キス』を観るのがおすすめ

恋愛映画の中でも、『50回目のファースト・キス』は特別な魅力を持っています。

この映画は、記憶障害を抱えるヒロインと彼女に献身的に愛を注ぐ主人公の、甘く切ない物語を描いています。

心に残るシーンの数々は、観る者の心を優しく包み込み、毎日の生活に忘れかけていた初恋のときめきを思い出させてくれます。

 

この映画は、ただのロマンティックなラブストーリーに留まらず、日常生活に疲れたり、新しい刺激を求めている方にも新鮮な気持ちを提供してくれます。

ハワイの美しい景色と心地よい音楽は、リラックスした時間を過ごすのに最適です。

また、深い愛の物語を通じて、人生の価値や家族、恋人との関係について考えさせられることもこの映画の魅力の一つです。

 

コメディー要素が随所に散りばめられているので、笑いながらも心が温まるストーリーを楽しむことができます。

毎日を新鮮な気持ちで過ごす主人公の姿勢は、見る者にも前向きな影響を与えるでしょう。

『50回目のファースト・キス』は、心が求めるキュンキュンとした感情を満たしてくれる、素晴らしい恋愛映画です。

恋をしたくなったり、幸せな気分に浸りたい時にぜひ観ていただきたい映画です。

恋愛映画『ラ・ラ・ランド』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『ラ・ラ・ランド』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『ラ・ラ・ランド』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『ラ・ラ・ランド』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『ラ・ラ・ランド』の基本情報

作品名『ラ・ラ・ランド』
原題La La Land
映画監督デミアン・チャゼル
脚本デミアン・チャゼル
音楽ジャスティン・ハーウィッツ
撮影リヌス・サンドグレン
配給ギャガ/ポニーキャニオン
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間128分
公開日(日本)2017/2/24

 

映画『ラ・ラ・ランド』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
セバスチャン(セブ)・ワイルダーライアン・ゴズリング内田夕夜
ミア・ドーランエマ・ストーン武田華
キースジョン・レジェンド祐仙勇
ローラローズマリー・デウィット山賀晴代
トレイシーキャリー・ヘルナンデス村松妙子
アレクシスジェシカ・ローテ熊谷海麗
ケイトリンソノヤ・ミズノ石井未紗
ビルJ・K・シモンズ壤晴彦
グレッグフィン・ウィットロック橘潤二
デヴィッドトム・エヴェレット・スコット-
ミアの母親ミーガン・フェイ-
ハリーデイモン・ガプトン-
カルロジェイソン・フュークス-
ジョシュジョシュ・ペンス堀総士郎
ヴァレットトレヴァー・リサウアー-
アリステアマイルズ・アンダーソン宮崎敦吉

 

映画『ラ・ラ・ランド』のあらすじ

夢と現実の狭間で揺れるロサンゼルス。

この街で、夢を追い続ける二人の若者、女優を目指すミアとジャズピアニストのセブが出会います。

ミアは映画スタジオのカフェで働きながら、何度ものオーディションの失敗に直面しています。

一方、セブは自分のジャズクラブを開く夢を抱えつつ、現実に翻弄されています。

ある日、偶然の出会いが二人を恋に落とします。

 

ロマンティックな背景の中で、二人は互いの夢を応援し合い、愛を育んでいきます。

しかし、セブが夢実現のために加入したバンドが成功を収めると、彼らの関係に亀裂が生じ始めます。

夢に向かって進む中で、二人はそれぞれの選択と結果に直面し、心がすれ違い始めるのです。

 

『ラ・ラ・ランド』は、光輝くハリウッドの裏側にある厳しい現実と、夢を追い続ける若者たちの葛藤を描きます。

舞台は渋滞の中から始まり、ロサンゼルスの街並みを背景に展開する音楽とダンスが物語を彩ります。

ミアとセブの愛と夢の物語は、どのような結末を迎えるのでしょうか。

二人の未来は、夢のようなものでしょうか、それとも別の形で現れるのでしょうか。

その答えは、スクリーンの中で明らかになります。

 

映画『ラ・ラ・ランド』の予告編動画

 

映画『ラ・ラ・ランド』の感想

『ラ・ラ・ランド』は、夢と現実が交差する場所、ロサンゼルスを舞台に、愛と野望を追い求める二人の若者、ミアとセバスチャンの物語です。

この映画は、ただの恋愛映画という枠を超え、人生の選択や葛藤、夢と現実の間の緊張感を見事に描いています。

 

映画は、色鮮やかなロサンゼルスのハイウェイでのミュージカルシーンから始まります。

渋滞に巻き込まれた人々が、一斉に車から飛び出し、踊り出す場面は圧巻で、初めての観客も魅了されること間違いなしです。

そして、ミアとセバスチャンの出会い、恋の始まりは、彼らの夢と野望が交差する瞬間。

ミアの女優を夢見る切なさと、セバスチャンのジャズへの情熱が、心に強く響きます。

 

この映画の特筆すべき点は、ミュージカルシーンの豊かさと、エマ・ストーンとライアン・ゴズリングの素晴らしい演技です。

彼らのダンス、歌、そして特に表情からは、彼らの内面の葛藤や夢への情熱が伝わってきます。

特に、星空の下でのダンスシーンや、渋滞での出会い、そしてセバスチャンがバーでジャズを弾くシーンは、彼らの関係の変化を象徴していて、感動的です。

 

しかし、この映画の魅力は、ただの甘い恋愛物語にとどまりません。

夢を追い続けることの苦悩と喜び、そして現実の厳しさが、ミアとセバスチャンの関係を通して巧みに描かれています。

特に、映画の終盤、二人の「もしも」の未来が展開されるシーンは、観客の心を揺さぶります。

実際には叶わなかった夢のような生活が、映画の中で美しく、しかし切なく描かれるのです。

 

また、『ラ・ラ・ランド』の音楽は、この映画の大きな柱の一つです。

ジャズやミュージカルナンバーが映画の雰囲気を盛り上げ、キャラクターの感情を豊かに表現しています。

特に、ミアとセバスチャンが一緒に歌う「City of Stars」は、二人の愛と夢を象徴する曲で、映画の感動を一層深めています。

 

結論として、『ラ・ラ・ランド』はただのミュージカル映画ではなく、人生の複雑さ、夢への追求、愛の喜びと痛みを巧みに描いた作品です。

この映画は、夢を追いかける全ての人々に勇気とインスピレーションを与え、心に深く残るでしょう。

 

映画『ラ・ラ・ランド』はこんな人におすすめ

『ラ・ラ・ランド』は、夢を追い続ける全ての人々、特に日々の生活の中で何かを夢見ている方々に心からおすすめします。

この映画は、あなたの中の情熱を再燃させ、夢に向かって一歩踏み出す勇気を与えてくれるでしょう。

ミアとセバスチャンの物語は、夢と現実の間で揺れ動く感情を美しく、そして時に切なく描いています。

彼らの旅路は、多くの人が共感できるものであり、励ましとなるはずです。

 

また、音楽やダンスが好きな方にも、この映画は特別な体験を提供します。

華やかなミュージカルシーン、心に響くジャズの旋律、そしてエマ・ストーンとライアン・ゴズリングの魅力的なダンスパフォーマンスは、映画の大きな魅力の一つです。

彼らの演技は、物語をより一層引き立て、観る者を魅了します。

 

そして、もしもあなたが恋愛映画のファンなら、『ラ・ラ・ランド』のロマンチックで甘く切ない物語は、きっとあなたの心を揺さぶることでしょう。

ミアとセバスチャンの愛の物語は、愛の多様性とその複雑さを繊細に描き出しています。

 

この映画は、夢に向かって努力するすべての人、愛を求める人、そして人生の美しさと痛みを感じ取りたい人に、感動とインスピレーションを与えてくれるでしょう。

『ラ・ラ・ランド』は、ただの映画ではなく、あなたの心に残る一つの体験となるはずです。

 

【まとめ】キュンキュンしたいなら『ラ・ラ・ランド』の恋愛映画を観るのがおすすめ

『ラ・ラ・ランド』は、心を揺さぶる美しい恋愛映画であり、キュンキュンしたいときにぴったりの作品です。

この映画は、夢と現実の間で揺れるミアとセバスチャンのロマンティックな物語を描いています。

彼らの関係は、観る者にとって共感を呼ぶだけでなく、甘く切ない恋の物語を見事に表現しています。

 

映画は、壮大なミュージカルシーンと、心に残るジャズのメロディで彩られており、その華やかさは観る者を楽しい気分にさせます。

エマ・ストーンとライアン・ゴズリングの魅力的なダンスパフォーマンスは、映画の魔法をより一層引き立てます。

彼らの演技は、物語をリアルで感動的なものに変え、観る者の心をつかみます。

 

この映画は、夢を追う人々の物語であり、愛を求めるすべての人に響く内容となっています。

恋愛映画が好きな方はもちろん、音楽やダンスに魅了される方にも、この映画は特別な体験を与えてくれるでしょう。

『ラ・ラ・ランド』は、ただの映画ではなく、あなたの心に深く残る特別な作品になる可能性があります。

キュンキュンしたいとき、心を動かされたいときに、この映画を観ることをおすすめします。

恋愛の美しさとその複雑さを感じながら、自分自身の夢についても考えさせられるはずです。

恋愛映画『タイタニック』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『タイタニック』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『タイタニック』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『タイタニック』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『タイタニック』の基本情報

作品名『タイタニック』
原題Titanic
映画監督ジェームズ・キャメロン
脚本ジェームズ・キャメロン
音楽ジェームズ・ホーナー
撮影ラッセル・カーペンター
主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」セリーヌ・ディオン
配給20世紀フォックス映画
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間194分
公開日(日本)1997/12/20

 

映画『タイタニック』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ジャック・ドーソンレオナルド・ディカプリオ松田洋治
ローズ・デウィット・ブケイターケイト・ウィンスレット日野由利加
キャルドン・ホックリービリー・ゼイン山寺宏一
モリー・ブラウンキャシー・ベイツ谷育子
ルース・デウィット・ブケイターフランシス・フィッシャー小沢寿美恵
ミセス・カルバートグロリア・スチュアート佐々木すみ江
ブロック・ロベットビル・パクストン石塚運昇
スミス船長バーナード・ヒル大木民夫
スパイサー・ラブジョイデビッド・ワーナー青森伸
トーマス・アンドリューズヴィクター・ガーバー納谷六朗
ブルース・イズメイジョナサン・ハイド土師孝也
リジー・カルバートスージー・エイミス山像かおり
ルイス・ボーディーンルイス・アバナシー池田勝
ボビー・ビュエルニコラス・カスコン-
アナトリーアナトリー・M・サガレビッチ-
ファブリッツィオダニー・ヌッチ檀臣幸
トミー・ライアンジェイソン・ベリー吉田孝
マードック次席一等航海士ユアン・スチュワート田原アルノ
ロウ五等航海士ヨアン・グリフィズ後藤敦
ライトラー二等航海士ジョニー・フィリップス諸角憲一
ワイルド主席一等航海士マーク・リンゼイ・チャップマン石塚運昇
ロー操舵手リチャード・グラハム-
ヒッチェンズ操舵手ポール・ブライトウェル落合弘治
ベイリー主任ロン・ドナキー池田勝
ジョン・ジェイコブ・アスター4世エリック・ブレーデン-
アーチボルド・グレイシー大佐バーナード・フォックス佐々木梅治
ベンジャミン・グッゲンハイムマイケル・エンサイン-
オベール婦人ファニー・ブレット-
母親のアイリッシュジェニット・ゴールドスタイン-
ヘルガ・ダールカミラ・O・ローズ-
ダフ・ゴードン卿マーティン・ジャーヴィス-
ゴードン卿夫人ロザリンド・エアーズ-
トゥルーディ・ボルトエイミー・ガイパ岡本章子
ロシズ伯爵夫人ロシェル・ローズ北條文栄
ウォレス・ハートリージョナサン・エヴァンス=ジョーンズ伊藤和晃
バート・カートメルロッキー・テイラー-
フリート見張り番スコット・アンダーソン柳沢栄治
リー見張り番マーティン・イースト星野充昭
ハロルド一等通信士クレイグ・ケリー-
ベル機関長テリー・フォレスタル塚田正昭
バレット火夫長デレク・リー北川勝博

 

映画『タイタニック』のあらすじ

1912年、新天地アメリカを目指し、夢と希望を乗せた豪華客船タイタニック号が処女航海に出航しました。

この航海は、運命的な出会いと恋愛の物語の舞台となります。

画家志望の青年ジャックは、偶然手に入れたチケットで船に乗り込みます。

彼の人生は、上流階級の娘ローズとの出会いによって一変します。

 

船上での彼らの出会いは、身分の壁を超えた瞬間の魔法のようなものでした。

ローズは家族の期待と社会的地位に縛られた生活からの逃避を夢見ていましたが、ジャックとの恋によって、真の自由と愛の意味を学びます。

2人の間には、次第に強い絆が芽生え、禁断の恋が深まっていきます。

 

しかし、不沈と言われたこの豪華客船は、皮肉な運命に見舞われます。

航海の途中、氷山に衝突し、タイタニック号は沈没の危機に瀕します。

その中で、ジャックとローズは、愛を守るため、そして生き延びるために必死のサバイバルを強いられます。

彼らの愛は、悲劇的な船の運命とともに、伝説となります。

 

映画『タイタニック』の予告編動画

『タイタニック』は、ただの恋愛映画ではありません。

それは、愛と運命、そして生と死についての壮大な物語です。

ジャックとローズの愛の物語は、タイタニック号の沈没という歴史的悲劇を背景に繰り広げられ、観る者の心を深く揺さぶります。

船の最後の瞬間までを描いたこの映画は、観る者に忘れられない感動を与えることでしょう。

 

映画『タイタニック』の感想

映画『タイタニック』は、ただのラブストーリーや悲劇を超えた、深く心に響く作品です。

ジェームズ・キャメロン監督のこだわり抜いた描写は、1912年の豪華客船の姿をリアルに再現し、その中で繰り広げられるジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)の純愛が、観る者の心を強く捉えます。

 

映画の始まりは、現代のローズがタイタニック号での思い出を語り始めるところから。

この設定自体がすでに胸を打ちます。

貧富の差、身分の違いを超えた二人の愛は、いつ見ても感動的です。

特に舳先での「世界の頂上に立っている」ようなシーンは、映画の象徴とも言える美しさです。

 

しかし、この映画が単なる恋愛映画で終わらないのは、沈没する船という極限状況で描かれる様々な人間模様にあります。

音楽家が最後まで演奏を続ける姿、老夫婦が最後の瞬間まで寄り添う様子、子供を寝かしつける母親の姿など、多くの登場人物が、それぞれの運命を受け入れる様子が描かれています。

これらは、悲劇の中にも人間の尊厳や愛の深さを感じさせる、忘れがたいシーンです。

 

ジャックとローズの別れは、言葉にできないほど切なく、美しい。

ジャックが氷で冷たい海水に沈みながらも、ローズに生きることを約束させるシーンは、愛の本質を見せつけられるよう。

そして、老女ローズがタイタニックでの思い出とともに「碧洋のハート」を海に還すラストシーンは、彼女の人生の完結と、ジャックへの永遠の愛を象徴しているように感じられます。

 

『タイタニック』は、恋愛だけでなく、人間の生と死、愛と別離、そして運命の深淵を描いた作品です。

数ある映画の中でも、特に心に残り続ける名作と言えるでしょう。

 

映画『タイタニック』はこんな人におすすめ

映画『タイタニック』は、ただのラブストーリーではなく、人生の深さを感じたい人におすすめです。

歴史上最大の船の悲劇を背景に、愛と人間性が織りなすドラマは、心を動かされること間違いなしです。

特に、壮大なスケールの映画が好きな人や、リアルな歴史描写に魅力を感じる人には、この映画の緻密な再現性が心を打つでしょう。

 

また、純粋な恋愛物語を求める人にも、ジャックとローズの切なくも美しい物語は深い共感を呼びます。

身分や立場を超えた二人の愛は、多くの人の心に永遠の愛の形を刻むでしょう。

 

映画を見て、人生の意味を再考したいと思う人、日常の中で忘れがちな「生きることの尊さ」を感じたい人にもぜひ観ていただきたい作品です。

『タイタニック』は、恋愛映画の枠を超えて、人間の生きざまを豊かに描き出しています。

この映画は、心に残る感動と、人生について深く考えさせてくれるでしょう。

 

【まとめ】キュンキュンしたいなら『タイタニック』の恋愛映画を観るのがおすすめ

『タイタニック』は、ただの恋愛映画ではありませんが、キュンキュンしたい人には特におすすめです。

この映画は、ジャックとローズの切ない恋愛物語を、歴史上の悲劇的な船の沈没という壮大な背景の中で描いています。

彼らの愛は、身分や階級を超え、互いに心から惹かれ合います。

特に、船首での有名なシーンや、お互いのために犠牲を払う姿は、深い愛情を感じさせ、胸をキュンとさせます。

 

しかし、この映画はただのラブストーリーにとどまらず、人間の生きざまや、生と死、愛と別離の深いテーマを扱っています。

豪華なタイタニック号の沈没シーンや、乗客たちのリアルな反応は、観る者に多大な感動と深い洞察を提供します。

 

恋愛だけでなく、人生の意義や愛の本質について考えさせられるこの作品は、幅広い視点から楽しめます。

ジャックとローズの愛が織りなす物語は、切なくも美しく、観る者の心に深く刻まれるでしょう。

この映画を通じて、愛の多様な側面を感じ取ることができるはずです。

キュンキュンしたい人はもちろん、人生の深い洞察を求める人にも、『タイタニック』は強くおすすめします。

恋愛映画『きみに読む物語』のレビュー・感想・おすすめな人

恋愛映画『きみに読む物語』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『きみに読む物語』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『きみに読む物語』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『きみに読む物語』の基本情報

作品名『きみに読む物語』
原題The Notebook
原作小説The Notebook
原作著者ニコラス・スパークス
映画監督ニック・カサヴェテス
脚本ジャン・サルディ、ジェレミー・レヴェン
音楽アーロン・ジグマン
撮影ロバート・フラッセ
配給ギャガ
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間123分
公開日(日本)2005/2/5

 

映画『きみに読む物語』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ノア・カルフーンライアン・ゴズリング内田夕夜
アリー・ハミルトンレイチェル・マクアダムス坂本真綾
デュークジェームズ・ガーナー勝部演之
アリー・カルフーンジーナ・ローランズ有田麻里
アン・ハミルトンジョアン・アレン野沢由香里
ロン・ハモンドジェームズ・マースデン森川智之
フランク・カルフーンサム・シェパード納谷六朗
フィンケヴィン・コナリー河本邦弘
ジョン・ハミルトンデヴィッド・ソーントン中村秀利
サラ・ツフィントンヘザー・ウォールクィスト-
マーサ・ショウジェイミー・ブラウン-
エスタースターレッタ・デュポワ-

 

映画『きみに読む物語』のあらすじ

『きみに読む物語』は、深く感動的で、心に残るラブストーリーです。

物語は、アルツハイマー症を患い、過去を思い出せない老女アリーと、彼女のそばで優しく物語を読み聞かせる老人デュークの姿から始まります。

 

当時17歳のアリーは、夏休みに家族と訪れた町で、製材所で働く青年ノアに出会います。

彼に一目惚れしたノアは、彼女を映画デートに誘い、次第に2人は互いに惹かれ合っていきます。

しかし、アリーの両親は彼女の将来を案じ、2人の関係に反対します。

その後、ノアは365日毎日アリーに手紙を書きますが、彼女のもとには一通も届きません。そして、第2次世界大戦が始まります。

 

戦争が終わり、大学生になったアリーは裕福な弁護士ロンと婚約します。

一方、徴兵されていたノアは戦後、父親から受け継いだ古い屋敷の改造に励みます。

アリーはノアに会いに行き、互いへの強い感情が再燃します。

しかし、アリーは母親の説得とノアからの手紙を知り、葛藤することになります。

 

映画『きみに読む物語』の予告編動画

 

映画『きみに読む物語』の感想

『きみに読む物語』は、ただのラブストーリーとは一線を画す、深く心に響く作品です。

物語は老人ホームで始まり、デューク(ノア)が認知症になったアリーへと読み聞かせる形で進行します。

これがただの回想ではなく、彼らの愛の記憶を取り戻すための手段となっているのです。

 

映画の中で特に印象深かったのは、ノアとアリーの初恋のエピソードです。

17歳の夏、刹那的で燃え上がるような恋は、まさに青春そのもの。

しかし、彼らの恋は障害に満ちていました。

身分の違い、親の反対、さらには時代の波に翻弄されながらも、ノアはアリーへ365通の手紙を送り続けるという、献身的な愛を見せます。

彼の「What do you want?」という問いかけは、アリーだけでなく、私たち視聴者にも自分自身の願望を問い直すきっかけを与えます。

 

また、映画のオープニングシーンでの夕陽をバックにしたボートの漕ぎ出しは、映像美としても際立っています。

このシーンは、映画全体のトーンを設定し、観る者を物語の世界へと誘います。

 

デュークとアリーの老後の姿もまた、深く感動的です。

デュークが認知症のアリーに、彼女自身が書いたとされる彼らの物語を読み聞かせるシーンは、忘れ去られた記憶との戦いを表していて、愛の力がいかに偉大であるかを物語っています。

アリーの病状は彼女の記憶を奪っていくのですが、デュークの不屈の愛と忍耐によって、彼女の記憶は一時的にでも戻ってくるのです。

この二人の間にある絆の強さに、心打たれずにはいられませんでした。

 

この映画は恋愛だけではなく、人生の選択や時間の価値についても考えさせられます。

愛の真意、人間関係の深さ、そして時間の経過とともに変わる人生の価値観について、観る者それぞれに異なる感想をもたらすでしょう。

 

まとめると、『きみに読む物語』は愛する人との時間をどのように過ごし、記憶していくかについて、深い洞察を与えてくれる映画です。

一瞬一瞬の恋愛のエネルギー、忘れられない思い出、そして愛の真価を、映画は美しく描き出しています。

観る者に愛し愛されることの素晴らしさを再認識させる、感動的な作品と言えるでしょう。

 

映画『きみに読む物語』はこんな人におすすめ

『きみに読む物語』は、深い愛情の物語を求めるすべての人におすすめの映画です。

特に、純粋な恋愛のエネルギーと、時を超えた愛の力を信じる人にはグッとくること間違いなし。

また、若い時の燃えるような恋愛と、老後も変わらぬ愛を見守りたい人にも、この映画は心に響くはずです。

 

現実の日常に疲れ、心温まるストーリーで癒やされたい人にも『きみに読む物語』はぴったりです。

この映画は若き日の刹那的な恋愛と、年を経ても変わらぬ愛情を描いており、観る者に新たな視点を与えてくれるからです。

また、認知症というテーマを通して、忘れられない愛の記憶との戦いを描くことで、人間の感情の奥深さを感じさせます。

 

恋愛映画が好きな人はもちろん、心に残るラブストーリーを求める人、日々の忙しさから少し離れて、愛の物語に浸りたい人にも、この映画はおすすめです。

『きみに読む物語』は愛の多面性を描き、人生の豊かさを再発見させてくれる、まさに心に残る作品です。

 

【まとめ】キュンキュンしたいなら『きみに読む物語』の恋愛映画を観るのがおすすめ

『きみに読む物語』は、心を揺さぶる恋愛映画を求める方にぴったりの作品です。

この映画は、単に恋愛の甘美さだけでなく、時を超えた深い愛の力を描いています。

17歳の夏に始まるノアとアリーの情熱的な恋愛は、若き日の輝きと切なさを感じさせてくれます。

映画を通じて、彼らの恋がどのように年月を経ても変わらずに続いていくのかを見ることができます。

 

この映画は愛の真意を探る深い洞察を与えてくれます。

認知症を患ったアリーに対するデューク(ノア)の無償の愛は、愛情の偉大さを感じさせ、心を揺り動かすものがあります。

映画中でノアが問いかける「What do you want?」という言葉は、自分自身の真の願いと向き合うきっかけにもなるかもしれません。

 

美しい映像と心地よい音楽に包まれながら、恋愛の切なさ、喜び、そして愛の深さを存分に味わうことができるでしょう。

『きみに読む物語』は、キュンキュンしたい人だけでなく、心に残る感動的なラブストーリーを求める人にもおすすめです。

この映画は、愛し愛されることの素晴らしさを再認識させ、日常から一歩離れて、愛の物語に浸る絶好の機会を与えてくれます。

恋愛映画の中でも際立つ、感動的で深いメッセージを持つ作品です。